フィンセントという名は、ゴッホが生まれる前年に夭折した兄の名前でした。ゴッホは幼年から自分の名が刻まれた墓石を横目に、自身の存在について苦悩し、他人との交流に難を抱えることになります。絵画を志す以前、ゴッホは牧師を目指し献身的な活動を行いますが、彼の信念のために1879年に伝道師の仮免許を剥奪されてしまいます。その後も仕事や土地を点々とし、1880年に画家になる決意を固め、画商であった弟・テオの援助を受け画布に向かい続けました。ゴーギャンとの別離、義妹との関係不和、精神病院への所収、オーヴェールへの転居などを経て、1890年ピストルによる自殺を図り、享年37歳でその劇的な生涯に幕を閉じます。画家としての活動は10年という短い期間ながら、ゴッホは2000点もの作品を残しました。「炎の人」と称される彼の筆や色彩はなお褪せることなく、彼の劇的な生涯と孤高の精神をまざまざと見せつけるようです。生前は1点しか売れなかった彼の作品は、死後急速に評価を高め、現在世界中の人々に愛されて続けています。
 
WALL ART
Vincent van Gogh
全5種
235×325mm
希望小売価格
¥3,500(税別)