ピアノ
Shiraishi Mitsutaka
白石 光隆
1989年に東京藝術大学大学院を修了後、ジュリアード音楽院へ進む。1990年ジーナバッカウアー国際奨学金コンクール入賞。1991年学内におけるコンチェルト・コンペティションで優勝し、リンカーンセンター内アリスタリーホールでジュリアード・オーケストラとラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番を協演。鋭い感性とパワー溢れる行動力で、アメリカ留学中も幅広く活躍。帰国後は音楽にさらなる深みが増し、ソロ、室内楽、協奏曲等、そのステージは決して期待を裏切らないクオリティーの高いものとして定評がある。1994年第63回日本音楽コンクール声楽部門・木下賞(共演)受賞。レパートリーも広く、邦人、現代作品の分野でも評価が高く、ジャズへのアプローチも積極的に行なっている。吉松隆、長生淳らの作品を入れたCD『レグルス回路』は山野楽器1998年度アカデミー賞(現代曲部門)を受賞。また、ベートーヴェン作品109とこれに触発された矢代秋雄作品を主軸とした『109』、『Happy Sax Paradise』他、いずれも好評を博している。毎年開催しているリサイタルも15回を数え、意欲的なプログラミングはもとより、近年は透明感ある音に奥行きと厚みが加わり、 圧倒的なリズム感と、生き生きと、説得力のある演奏スタイルで、回を重ねるごとにファンを増やしている。次代を担う実力派であると同時に、柔軟な思考回路を持った豊かな人間性。ピアニストで音楽人。白石光隆の宇宙は際限ない。ピアノを金澤桂子、高良芳枝、故 伊達純、小林仁、マーティン・キャニンの各氏に、室内楽をフェリックス・ガリミア、伴奏法をジョナサン・フェルドマンの各氏に師事。現在、東京藝術大学ピアノ科非常勤講師。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.