華道
Ryo Kiran
梁 基蘭
1974年池坊正教授1級習得以後、教師活動に入る。1983年〜1993年の間に京都池坊学院専門科A、専門科B、特別科、総合特別科を卒業。在学中、たちばな賞を2度受賞。1987年池坊全九州大会コンクールにて秀作。1988年同コンクールにて市長賞受賞。1992年梁基蘭花スタジオを主宰。1993年朝日カルチャーセンター講師として「梁基欄花スタジオ」を開講。小倉井筒屋にて創作華展「花と鉄」を開催し、斬新な作品と大反響を得る。1996年ニューヨークでの華展「花は大地からのメッセージ」を開催。自ら制作した陶器や鉄のオブジェに花の命を同化させた独創的な作品を発表。開催中、メトロポリタン美術館より要請がありイサム・ノグチのコーナーに花を生け、様々なメディアで圧倒的な評価を得る。独創的なスタイルでフラワーアレンジメントを確立し、花をメディアとしたフラワーアレンジメントはもとより、テーブルセッティングやカラーリングなどを展開した総合分野で精力的に活動を進める。隔年恒例で開催しているパーティー形式の華展「花パーティー」は「身近に感じる華展」と好評を博している。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.