ヴァイオリン
Noguchi Chiyoko
野口 千代子
東京都生まれ。2歳よりヴァイオリンを始め、全日本学生音楽コンクール入賞、蓼科音楽祭「音楽祭賞」受賞、日本音楽コンクール入選後、東京藝術大学を経てジュリアード音楽院に入学。ジュリアード・コンチェルトデビューを果たす。ジュリアード音楽院卒業に先立ちアーティスト・インターナショナルオーディションに優勝、ヤングアーティスト・デビュー賞を受賞。翌年カーネギーホールにおいてニューヨークリサイタルデビュー。ジュリアード音楽院卒業後、東京藝術大学を首席で卒業。
フォーバルスカラシップ・ストラディバリウスコンクール入賞。ヴィニアフスキ国際ヴァイオリンコンクール特別賞を受賞。東京都交響楽団ほか国内外のオーケストラとソリストとして共演。東京ゾリステンコンサートミストレス、紀尾井シンフォニエッタ東京メンバーとして、また在京オーケストラのゲストコンサートミストレスとしてしばしば招かれ活動しているほか、アンサンブル・ノマド、アンサンブルコンテンポラリーαのメンバーとして数多くの現代作品の演奏を行い、バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーで精力的な演奏活動を展開している。2002年11月にはビクターエンターテインメントからCDアルバムをリリース。2003年9月に東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」に出演し好評を博した。
現在桐朋学園芸術短期大学専任講師。2002年クラシック音楽コンクール全国大会審査員を務めた。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.