ピアノ
Nakagawa Ken'ichi
中川 賢一
仙台市生まれ。仙台第二高等学校、桐朋学園音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業後渡欧し、ベルギー王立アントワープ音楽院ハイディプロマをグレートディスティンクションで卒業後スぺシャリゼーションコースに学び、首席で卒業。ピアノ、1997年オランダガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。パリロワイヨモン音楽祭、ベルギーアルスムジカ音楽祭、イギリスハダースフィールド音楽祭、ポルトガルエスピーニョ音楽祭出演等をはじめベルギー、オランダ、スイス、ハンガリー、フランスなどで演奏活動を行い、フランス、ハンガリーなどで演奏が放送される。在欧中はベルギーの現代音楽アンサンブル、イクトゥスアンサンブル、アンサンブルシャンダクションのメンバーとして活動もした。1998年より2000年まで東京オペラシティでのコンテンポラリーミュージックアンサンブル、アンサンブルノマドのピアニスト、指揮者として年間5回の定期公演を東京オペラシティで行い、NHK・FMで放送される。1999年2月新国立劇場主催ダンスプロジェクト「ファウスト」にてアンサンブルノマドを指揮。その他、2台プリペアードピアノのよるジョンケージ「3つのダンス」によるコンサート、サクソフォニスト平野公崇とのフリーインプロヴィゼーションのコンサート、バス歌手大澤建氏とのFMリサイタルの出演、アンサンブルノマドメンバーとして新・題名のない音楽会出演をはじめとして様々な分野で活動を行う。1998年12月帰国。国際交流基金助成により、2000年9月にオランダガウデアムス国際現代音楽祭にアンサンブルノマドのメンバーとして、2001年カナダ「フェステイヴァル・オヴ・サウンド」音楽祭に招聘され、日本大使館でも演奏した。2001年横浜トリエンナーレではダンスとピアノのフリーインプロヴィゼーションのプロジェクトを行う。2002年1月ダンサー伊藤キム、女優夏木マリ等とのコラボレーション、2月東京文化会館主催、舞台芸術公演「責めありや、責めなきや」指揮。吉田喜重監督、映画「鏡の女たち」(音楽:原田敬子)の映画音楽のアンサンブル指揮。1月リュク・フェラーリ氏初来日記念ピアノソロコンサートは大成功を収めNHK・FMで放送される。3月アリアンスフランセーズ主催メシアン没後10年記念ドミニク・スコーニーとのピアノデュオコンサートツアー(メシアン:アーメンの幻影他)でフランス、中国、日本で演奏。2001年仙台国際音楽コンクールでは様々なイヴェントのプロデュースも手がける。2003年4月東京オペラシティ文化財団主催B→C出演、7月ヤマハ振興財団本部にて近現代ピアノ音楽のレクチャー、7月アンサンブルノマドのメンバーとしてベネズエラで演奏旅行。フォルテピアノの振興のためのコンサート(調律師協会北海道支部)、子供のためのコンサート(世田谷美術館主催)も行う。10月夏木マリのソロ「印象派」にて音楽監督、演奏をつとめる。横浜市文化振興財団主催Just composed2003では選定委員、演奏、プロデュースを手がける。11月ソプラノ平松英子とのマーラー交響曲「大地の歌」(ピアノ版)が話題となる。2004年2月能と現代音楽のコンサート、東京都主催「伝統と未来」にて音楽監督、3月仙台市主催「超難解音楽祭」音楽プロデュースを行った。コンサートアウトリーチ活動も盛んに行い、財団法人地域創造主催、音楽ホール活性化事業にて登録アーティストとして全国の市町村に赴きさまざまなところで演奏。子供との即興演奏や即興演奏を絵で表すなどの活動を行う。仙台では2001−2003年、重度障害者施設「仙台つどいのいえ」コンサートプロデュース(年4−6回)などの福祉活動も行う。そのほか子供のためのレクチャーコンサート、アナリーゼを含むレクチャーコンサートも多い。東北の各地のコンクールの審査員もたびたび行う。草津国際音楽祭、北とぴあ国際音楽祭、武生国際音楽祭、サントリーサマーフェスティヴァル等に出演。いままで仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団と共演した。クラシック、現代音楽、ダンスとのコラボレーション、フリーインプロヴィゼーションに至るまで様々な演奏活動を行なう。ピアノをロベール・グローロ、中島和彦、長島圭太、大岩秀俊、高山仁の各氏に、フォルテピアノをジョス・ファン・インマゼール氏に師事する。2001年せんだい芸術祭大賞、2001年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。現在フェリス女子学院大学、お茶の水女子大学、桐朋学園大学などで後進の指導も行っている。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.