パーカッション
Kanda Yoshiko
神田 佳子
横浜生まれ。4歳より電子オルガン、11歳よりドラムを始める。東京藝術大学打楽器専攻卒業、及び同大学院修士課程修了。1996年、1998年ドイツ:ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会に参加し、奨学生賞を受賞。これまでに、ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演、国内外の音楽祭、NHK「FMリサイタル」、TV朝日「題名のない音楽会」などに出演。
大学院在学中より開催しているソロ・リサイタルシリーズ「音、生まれる」や、東京オペラシティ主催リサイタルシリーズ「B→C」(1998)等のソロ活動に加え、PERCUSSION TRIO [The Birds]、Ensemble contemporary α、アンサンブル・ダーム等のアンサンブル活動も積極的に展開。一柳慧、松平頼暁、高橋悠治、近藤譲等をはじめとする多くの作曲家の作品を初演し、若手作曲家との共同作業も多く行ってきた。
また、高橋悠治プロデュースの伝統楽器バンド「糸」、古楽集団トロヴァトーリ・レヴァンティのメンバーとしても活動するほか、正倉院復元楽器「方響」の演奏も行う等、時代を超えた打楽器演奏の可能性にもアプローチしている。
更に、ジャズミュージシャンとの共演を始め、様々な分野での即興演奏も行う他、作曲家として数多くの作品を手掛け、2002年ニューヨークで行われたMATAフェスティバル等、海外でも演奏されている。2002年ビクターエンタテインメントよりヴァイオリンと打楽器のCDをリリース。現在、ちひろ美術館で展示とのコラボレーションシリーズのコンサートのプロデュースをしている。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.