クラシックコンサート
ハンズオン・クラシック in 富山「展覧会の音(ne)」
ヴァイオリン 野口千代光  チェロ 浅岡洋平  ピアノ 黒田亜樹  パーカッション 神田佳子
【公演のコンセプト】
「展覧会の音」パーカッション
ラベルがオーケストラに編曲して有名になったムソルグスキーの名曲「展覧会の絵」をピアノトリオとパーカッションの為に新たに編曲。編曲は、CMの世界で今最も売れっ子の鈴木友彦が担当。30種類ものパーカッションを駆使して奏でる展覧会は、ジャズや民族音楽などのさまざまなスタイルに生まれ変わり、その新たな魅力を存分に見せてくれます。
日時:
2004年6月4日(金)18:00開場 18:30開演
会場:
北日本新聞ホール
主催:
(社)富山法人会
後援:
北日本新聞社、KNB北日本放送
企画制作:
Hnads on classic
曲目:
(オープニング)
ジョップリン・エンターティナー / 鈴木友彦編曲
(クラシック)
愛の挨拶 / エルガー
カルメン幻想曲 / サラサーテ
牧神の午後への前奏曲 / ドビュッシー レオナルド・ボルヴィック編曲
シチリアーノ / フォーレ
ハンガリー狂詩曲 / ポッパー
革命家 / ピアソラ
(リズムにハンズオン)
バディヌリ / バッハ 神田佳子編曲
チェロソナタ2楽章 / ショスタコーヴィッチ
剣の舞 / ハチャトリアン
ピアノトリオとパーカッションのための展覧会の絵 / ムソルグスキー 鈴木友彦編曲
当日の公演のようす。
(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.