リトルクラシック
リトルクラシック in 川崎
日時:2004年5月20日 場所:真福寺小学校体育館
出演:大類朋美(ピアノ)、浅岡洋平(チェロ)



後日、小学校のみなさんから左のような素敵な冊子をいただきました。写真と一緒に子供たちの感想文がたくさん詰まっていました。
どうもありがとうございました。

その中からいくつかをご紹介します。
ゆうこ
私は、二人で演奏していた「白鳥」で、白鳥が湖をゆっくり静かに泳いでいる様子をイメージしました。大類さんのピアノは波の静かな音を表していて、浅岡さんのチェロは白鳥がゆっくりと泳ぐ様子を表していたので、その音が合わさったとき、頭の中に白鳥の様子が浮かびあがりました。「愛の挨拶」では、やさしくみんなが挨拶している様子がイメージできました。

しゅん
ぼくは野球をやっていて、アンコールでひいてくれた曲を思いだすとすごくきんちょうしているのにとてもおちついてプレーできて、あの曲はおまじないの曲なのかなーといまでもずっと考えています。

みゆう
私はチェロとピアノの演奏を聞いて「チェロとピアノでこんなにいいハーモニーがつくれるんだ〜」とはじめて知りました。私が一番気に入っている曲は「白鳥」です。メロディーもゆったりとしていて目を閉じると白鳥がゆったりと前をおよいでいきます。私もピアノをやっているので、聞き手の想像できるように弾けるようになりたいです。

きょうた
ぼくは、愛のあいさつという歌がとても気に入りました。あのなめらかなかんじとチェロとピアノがまざり合うかんじがとてもよかったです。ぼくはもう一度聞いてみたいです。やっぱり生で聞くのとCDできくちがいが分かり、生の方がはくりょくがありました。

まさと
ぼくは真福寺小学校でがっそうをしたことがあって、ぼくはそれで音楽というのは音だけでなく心も楽しめるということがわかって、それで二人のピアノとチェロをきいて二人とも楽しそうにえんそうしていたので、やっぱり音楽はからだ全体で楽しめるんだなあと、あらためて思いました。

こうき
ぼくは、音楽はどちらかと言うときらいな方だったけど、想ぞうして聞く音は波や白鳥のようにその音のとくちょうをあらわしている音が大好きです。この発表があってから、音楽の音はよろこびをあらわしているのか悲しみをあらわしているのかなどを考えて音を聞くようになり、音がすごく楽しくなりました。

あや
私はチェロの音を聞いたことがなく、5/19に初めて聞いて、最初は少し低い音なのかなと思っていたんだけど初めて聞いてみるとすごくキレイで心が落ち着くような音でビックリしました。私もチェロをひいてみたいなと思いました。

さき
大類さんのピアノや浅岡さんのチェロを聞いていると、心がウキウキしたりワクワクしたり幸せになったりうっとりしたり、そういう気持ちになれます。「セロひきのゴーシュ」という宮沢賢治さんのお話がありますが、ゴーシュがセロをひくと色々な動物の病気を治してくれるけど、浅岡さんのチェロを聞くと、よかったなあ、チェロってこんなにすばらしいものなんだなあと感じました。やっぱり楽器には夢がいっぱいつまっているんだ!と思いました。

なおき
ピアノの景色を想像させる力と、チェロのみんなをそこにとりこにさせる力で、僕もいろいろなことを思いうかべました。景色は目だけではなく耳でもわかります。音の景色をみんなにとどけてくれればいいなあと思います。

ひろゆき
浅岡さんのチェロはリズムかんがよかったので、まねしてぼくはサッカーを浅岡さんみたいにリズムかんのあるサッカーをしてみたいなあと思いました。チェロは低い音しかだせないと思っていたけれど、高い音もでんるんだなあと思いました。



(C)2004 Asaoka Yohei, Design & Engineering : cabbage-net inc.